起業に精通した税理士

会社設立に一番大事な、事業計画書を作成する際、コンサルタントをアドバイザーとして雇う方も多くいますが、会社設立をいくつも手掛けた税理士の中に、事業計画書のアドバイスやサポートをしてくれる税理士もいます。会社設立の際は、税理士の中でも特に起業に力を入れている税理士事務所に依頼すると良いでしょう。

税理士しかし、税理士事務所を何軒も周り、自分にぴったりの税理士を見つけるのは時間もお金もかかり大変な作業です。自分ではなかなか見つけられない。何人かの中から自分と相性がいい人を選びたいなどの希望があるのであれば、税理士を紹介してくれるサイトもいくつかあります。自分の希望と依頼したい内容を入力すればすぐに税理士を紹介してもらえ、相性が合わなければまた他の税理士を紹介してくれます。税理士に直接言いずらいことも、コーディネーターが間を取り持ってくれるので、安心です。

断りにくい場合や、紹介してもらうたびに費用が発生するのは困るといった不安も一切ありません。何人もの税理士から見積もりをとり、その中から自分の予算にあった税理士を選ぶことももちろんできます。もし会社設立をお考えなら、一度お気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

未分類

税理士に依頼するメリット

会社を設立する時の資金調達では、事業計画書での今後の具体的な計画と見通しと、信用が重要となります。事業計画書はコンサルタントと一緒に二人三脚で頑張って描いたとして、起業では土台がないので「信用してもらう」というのはとても難しいものです。その会社に良い印象を持ってもらわないと、融資額も下がってしまいます。

税理士そこを打開する策は、税理士を雇うことです。税理士にサポートをしてもらい、金融機関への信頼を勝ち取ることがスムーズなスタートを切るにあたって重要なことと言えます。会社設立をサポートしてくれる職業に、税理士、司法書士、行政書士がありますが、それぞれ得意分野、不得意分野があります。司法書士なら、登録業務が得意で、行政書士なら、行政の書類作成が得意です。ただ、この3つの職業で、税務が得意なのは税理士のみです。

税理士は、税務のスペシャリスト。支払わなくてはいけない税金、支払わなくていい税金をきっちり仕分けして、会社に損をさせないよう節税対策も万全です。また、決算業務や税務申告のプロでもあるので企業の時だけでなく引き続き長くお付き合いできます。そして、報酬が司法書士や行政書士と比べ圧倒的に安く済むのも魅力の1つです。

未分類

会社設立の流れ

さぁ、会社設立しよう!と思っても、何から始めたらよいか具体的に知っている人は少ないと思います。ただ、作って売ればいいというものではありません。会社をゆくゆくは大きくしようと考えているのであれば、よく調べずに起業してしまうと、後々無駄な出費や法にひっかかることもあります。まずは会社設立の流れを正しく理解しましょう。

資本金最初に、ビジネスプラン、つまり事業計画書として、数年後までの目標とそれを実現するための具体的な行動をわかりやすく描きましょう。これは、融資を依頼したりパートナーを見つける上でもっとも重要な書類となります。これを見て多くの人はその企業に未来があるかを判断します。その次は、資金の調達です。ビジネス上では資本金と呼ばれます。資本金は、多ければ多いほど会社の規模が大きいことになるので取引先から信用されやすいです。資本金は、無理のない範囲でなるべくたくさん集めたいですね。会社設立の際は、自分が持っているお金を使うことになりますが、足らない分は国や地方自治体の補助金や助成金、金融機関、日本政策金融公庫などからの資金調達をします。しかし、これらの機関から希望額を借りるためにはやはり事業計画で先行き明るいことを示さなくてはいけません。事業計画書を自分だけで作るのが不安があれば、会社設立専門のコンサルタントを雇うことをお勧めします。または、金額の部分であれば、税理士を雇うことで資金調達がスムーズに流れることもあります。

未分類