会社設立の流れ

0 Comment

さぁ、会社設立しよう!と思っても、何から始めたらよいか具体的に知っている人は少ないと思います。ただ、作って売ればいいというものではありません。会社をゆくゆくは大きくしようと考えているのであれば、よく調べずに起業してしまうと、後々無駄な出費や法にひっかかることもあります。まずは会社設立の流れを正しく理解しましょう。

資本金最初に、ビジネスプラン、つまり事業計画書として、数年後までの目標とそれを実現するための具体的な行動をわかりやすく描きましょう。これは、融資を依頼したりパートナーを見つける上でもっとも重要な書類となります。これを見て多くの人はその企業に未来があるかを判断します。その次は、資金の調達です。ビジネス上では資本金と呼ばれます。資本金は、多ければ多いほど会社の規模が大きいことになるので取引先から信用されやすいです。資本金は、無理のない範囲でなるべくたくさん集めたいですね。会社設立の際は、自分が持っているお金を使うことになりますが、足らない分は国や地方自治体の補助金や助成金、金融機関、日本政策金融公庫などからの資金調達をします。しかし、これらの機関から希望額を借りるためにはやはり事業計画で先行き明るいことを示さなくてはいけません。事業計画書を自分だけで作るのが不安があれば、会社設立専門のコンサルタントを雇うことをお勧めします。または、金額の部分であれば、税理士を雇うことで資金調達がスムーズに流れることもあります。